連帯保証人ってなに?

自分以外の人の身元や債務を保証する人を、保証人といいます。保証人には大まかに分けて二種類あり、その内の一つが「連帯保証人」です。「借金の連帯保証人にだけはなるな」と言われた経験がある方は、少なくないと思います。

では、連帯保証人になることを嫌う人が多い理由は何なのでしょうか? ここでは、保証人と連帯保証人について比較しながら、わかりやすく解説したいと思います。

そもそも保証人って何なの?

先ほども述べた通り、保証人には大きく分けて「保証人」と「連帯保証人」の二種類が存在します。以下でより詳しく説明します。

保証人とは?

自分以外の人の身元や債務を保証する人を「保証人」といいます。保証人の役割は、債務者が問題を起こした際に「本人の代わりに責任を負うこと」です。

例えば、身内がお金を借りる時にあなたが保証人になったとします。この場合、もし本人(債務者)による借金の返済が滞れば、代わりにお金を返済する責任を負うのはあなたになるのです。

ただし、保証人に代わって必ず債務を補填しなければならないかというと、そうとも限りません。この点については、後で改めて説明します。

連帯保証人とは?

「連帯保証人」は保証人の一種です。債務者の代わりに責任を負うといった点では、保証人と役割は変わりありません。しかし、連帯保証人と保証人では責任の重さが全く異なります。

連帯保証人は単なる保証人と違い、債権者から主債務者(つまり借りた本人)の肩代わりを要求されても、拒否する権利がありません。債権者から請求があった場合は、ただちに応じなくてはならないのです。

つまり、連帯保証人は、「主債務者と全く同等の責任と義務を課されている」ということになります。

連帯保証人が持っていない3つの権利

上でも少し触れましたが、保証人と連帯保証人では持っている権利に違いがあります。以下では、連帯保証人が持っていない権利について見ていきたいと思います。

1.催告の抗弁権

「催告」とは義務を履行しろという要求で、「抗弁権」とは反論する権利のことをいいます。つまり、連帯保証人は、債権者から「債務者の代わりに義務を果たせ」と要求されれば拒否することができないのです。

2.検索の抗弁権

「債務者に財産や収入があると証明するから、自分よりもまず本人へ請求してほしい」と主張できる権利を、検索の抗弁権といいます。連帯保証人はこの権利を持っていないため、債権者から請求があった場合は、ただちに応じなければなりません。

3.分割の利益

保証人が複数いる場合、債務額を保証人同士で分割できる権利を「分割の利益」といいます。しかし、連帯保証人にはこの権利がありません。そのため、債権者に請求された際は、連帯保証人一人で返済の負担を負うことになります。

以上の三つが、保証人には認められていて、連帯保証人には認められない権利です。

ここまでの説明で、連帯保証人の責任の重さが単なる保証人とは比較にならないことが、わかったかと思います。連帯保証人は保証人の一種ではありますが、立場としては債務者とほとんど変わりないのです。

安易に連帯保証人になると危険!

家族や親しい友人から「連帯保証人になってほしい」と泣きつかれても、安易に連帯保証人になってはいけません。例えば、収入があるにも関わらず、債務者が返済をしなかったとします。このような場合でも、抗弁権がない連帯保証人には支払いを拒否することができないのです。

多額の借金をしていた債務者が夜逃げでもすれば、連帯保証人自身の生活が破綻に追い込まれてしまいかねません。破産申立を望む10人に1人が連帯保証人というデータもあります。

「いざという時は自分一人で借金を返済する」くらいの覚悟ができないならば、連帯保証人を引き受けるべきではありません。親しい人に頼み込まれても、毅然と断る勇気を持ちましょう。

まとめ

・保証人とは「自分以外の人の身元や債務を保証する人」である
・「連帯保証人」は債権者から主債務者の肩代わりを要求された場合、拒否できない
・保証人が持つ権利(催告の抗弁権、検索の抗弁権、分割の利益)を連帯保証人は持っていない
・連帯保証人は単なる保証人とは比較にならないほど責任が重い
・安易に連帯保証人を引き受けると危険

ページの先頭へ